alt5番目

様々な治療方法

女性の横顔


目の下のたるみを素早く治療したい場合は、手術を行なうことで効率的にすすめることができます。美容外科などで受けることができ、自己流で治していくよりも早く、医師のもとで安全に行なうことができます。手術内容はいろいろありますが、自分に合った方法をしっかりと見抜くことも大事となります。値段や時間との兼ね合いも必要になりますが、自分に合う手術方法が一番効果的なので、医師と良く相談した上で、どの手術をするべきかを決めましょう。

目の下のたるみを治す手術はいろいろあります。脱脂法手術は、脂肪を除去する方法で、小さな穴を開けてそこから脂肪を取り除きます。一度行なうことでかなりながい時間効果が現れるが、医師の技量によって仕上がりが変わることと、へこみが原因のたるみには効果がない。レーザー手術は、凹みが原因のらたるみに効果的で、レーザー光で細胞を活性化させる方法です。肌にダメージがなく、脱脂法よりも安いが、人によって効果がまちまちとなっている。注入法手術は、コラーゲンや脂肪を注入することで、目の下のハリを取り戻します。基本的にどの治療方法よりも安いことが多く、気軽に受けることができるが、注入するものによって持続時間や効果が違ってきます。医師の技量によって仕上がりが変わります。ハムラ法は、下まぶたのキワをを切開して、余分な部分に移動させる方法です。凹凸に関係なく効果があり、余計な皮膚もまとめて除去できるが、傷跡が残る可能性があるので注意が必要です。どの方法にもメリット・デメリットがあるので、自分の症状と向き合い、医師と相談した上で決断しましょう。安全な方法で手術を受けて、リスクを減らしましょう。