alt5番目

真皮から改善

アイメイク中の女性

目の下のたるみを家庭で治すためには、真皮内にあるコラーゲンに潤いを与えることが効果的です。老化するにつれて、真皮に必要なコラーゲンやエラスチンに潤いを保ち続けることが難しくなります。コラーゲンやエラスチンに水分がないと、真皮に凹みができてしまい、表皮もその凹みに落ちてしまいます。凹みができてしまうと、目のしたのたるみとなり老けて見えてしまうので、若く見られ続けるためにもしっかりと対策を施しましょう。

肌に潤いを与えるなら、保湿クリームが一番と思われがちですが、保湿クリームはピンきりで商品があることと、使い方が間違っていると効果が薄くなってしまいます。高額な保湿クリームでも、ちゃんと使わないと効果がなく、宝の持ち腐れになりますので、使い方はよく調べましょう。コラーゲンサプリメントを摂取するのも効果的だと思われていますが、科学的に根拠がないというのが現状のようです。大奥の科学者が立証や検証をしていますが、なかなか真実にたどり着けていません。ですが、多くのメーカーからサプリがでており、使用者も効果を実感していることから効果がないと頭ごなしに否定することができません。ヒアルロン酸やコラーゲンの注入も効果的ですが、半年〜一年サイクルで行なう必要があるため、途中で辞めることが難しいというデメリットもあります。イオン導入器は、高額なエステでしか導入されていませんでしたが、最近はお手頃価格で購入できるようになったため効果的です。イオン導入器は、肌への浸透率に大きな変化を与えます。真皮にまで浸透させることができるため、直接的に効果を促すことができます。肌の表面だけでなく、根本から改善することでより美しく効果的に肌のしたのたるみを改善できます。